C言語プログラマ入門!「C言語が与えた影響」

本気でプログラマになるなら「C言語」!

他に影響を与えた言語は?

他に影響を与えた言語は?

新しく開発されるプログラミング言語は、他のプログラミング言語の影響を受けて派生していることが多いものです。そこで、C言語入門編としてC言語が影響を与えたとされるプログラミング言語について少し学んでおきましょう。C言語に関連している言語といえばまず出てくるのが「C++」や「C#」かもしれませんが、長い歴史がある言語というだけあって、C言語の影響を受けた言語が次々に派生して世に送り出されています。言語の名称だけで関連性を予測してしまうことも多いですが、次にご紹介する言語を見れば、C言語の遺伝子を持つ言語はC++やC#だけじゃないことがきっとわかると思います。

PHP

PHP今も多くの開発現場で活用されている人気の言語として誰もが知っている「PHP」は、C言語で開発された言語で文法もCに似ています。PHPが世に登場したのが1995年ですが、そこ頃からのITの進歩の目を見張るようなスピードに一役も二役も買っている言語です。PHPの特徴は、HTMLにコードを埋め込むことによって、動的なWebページを作成できるところです。日本では使用率の高いプログラミング言語なので、プログラマなら持っておきたいスキルのひとつです。

Java

メジャーなプログラミング言語といえばまず出てくるのがJavaかもしれませんね。実はこのJavaもC言語の影響を色濃く受けているプログラミング言語なのです。Javaの構文はC言語やC++によく似ていて、C言語の弱点をうまく克服することができる作りになっています。使用範囲はかなりの広さになるので、本気でプログラマを目指すなら持っておくべきとも言えるスキルです。

JavaScript

JavaScriptはよくJavaとの関連性があると思われるプログラミング言語ですが、名前が似ているだけで実は関係ありません。JavaScriptもC言語の影響を受けた言語で、Cの構文が受け継がれています。そういう意味ではJavaとも似た部分があるのかもしれませんが、ブラウザ上の動的プログラム開発に主に使われる言語なので、そもそもの用途がまるで違っていて、Webサイトになくてはならないと言ってもいいほどメジャーな言語です。

Objective-C

Objective-Cは、C言語から派生した言語です。日本で絶大な人気を誇っているMacやiPhoneなどのアップル社製品の開発に昔から使用されてきたおなじみの言語ですね。近年は、Objective-Cに変わってSwiftが使われるようになってきているので、Swiftの登場によってObjective-Cの今後の行方がどうなることかとも思われましたが、まだまだ需要が多い言語ということでSwiftとの共存が成立しています。

ページ先頭へ