本気でプログラマになるなら「C言語」!

転職先を探すには?

転職先を探すには?

転職に向けて人気の高いプログラミング言語を習得すれば、それだけ競争相手となるプログラマも多くなるというもの。人気が高い言語ということは市場での需要もそれなりにあるということなのかもしれませんが、供給が間に合っているような職種で働くことを選ぶよりも、希少価値のある言語を習得して転職先は選べるというほうがメリットも大きかったりします。覚えやすくて使いやすい転職に向けて人気の高いプログラミング言語を習得すれば、それだけ競争相手となるプログラマも多くなるというもの。人気が高い言語ということは市場での需要もそれなりにあるということなのかもしれませんが、供給が間に合っているような職種で働くことを選ぶよりも、希少価値のある言語を習得して転職先は選べるというほうがメリットも大きかったりします。覚えやすくて使いやすい最新の言語に比べると、C言語の難易度は高めかもしれませんが、苦労した分のリターンが期待できるとなれば努力する価値は大いにあります。
C言語を覚える人が少ないのは、C言語に魅力がないからではありません。一定の分野のみに強い言語スキルはその分野であれば強みになりますが、汎用性がなければキャリアの選択肢は当然少なくなってしまいます。その点、あらゆる分野に通用するITの基礎とも言えるC言語のスキルを持っておけば選択肢は多くなり、今後新たなスキルを身につける必要が出てきた場合にも役立ちます。
ではいざC言語の仕事へ転職となると、仕事探しの方法が問題です。C言語スキルを持つプログラマを求めている業種や業界が多いので、どこからどう絞り込んでいけばいいものかで迷ってしまうかもしれません。そこで、C言語の転職におすすめのエージェントを2社ご紹介するのでぜひ相談してみてくださいね。

マイナビエージェント

マイナビエージェント「マイナビエージェント」は、転職情報サイトの「マイナビ」でもおなじみの人材紹介サービスです。豊富な求人数と紹介実績で定評があり、大手転職エージェントとしての強みを最大限に生かしたサービスを展開しています。

求人票には載らないような、社風、職場環境、同僚の人柄などの情報もしっかり確認。業界のことに精通しているため、転職を希望する皆さんの「気になるポイント」をおさえた求人企業の情報収集が可能です。

参照))https://mynavi-agent.jp/service/about_mynavi_agent.html

IT系求人の保有率も高いので、C言語プログラマとしてやりたいことを実現できる企業との出会いが期待できます。サイト内でも求人を探すことはできますが、80%が非公開の求人なので、まずはマイナビエージェントのキャリアアドバイザーに相談してみることをおすすめします。
上記サイトに飛んで具体的な求人を見てみる

ワークポート

「ワークポート」は各業界専門の総合転職エージェントで、IT業界に特化した転職サポートサービスももちろんあります。C言語を使う転職先を探すならサイト内のIT業界専門サイトで仕事を探しましょう。ワークポートには常時1万件以上のIT系求人があって、IT業界出身の転職コンシェルジュが専門性をフルに生かした質の高いサービスを提供しています。1人では選びきれないほどの求人の中から、C言語のスキルを生かしたいという希望を叶えられる良質な求人だけを厳選して提案してくれるので、個人では実現できないような転職活動ができることでしょう。

履歴書・職務経歴書をあなたに代わって添削します。漢字の使い方から文章構成に至るまで記載内容だけではなく、文章の美しさまで徹底的にお手伝いいたします。

参照))https://www.workport.co.jp/service/

ワークポートでは、求人の紹介だけでなく応募から入社まで担当コンシェルジュがフルサポートしてくれるので安心ですね。
上記サイトに飛んで具体的な求人を見てみる
ページ先頭へ