プログラマなら知っているC言語でできること

本気でプログラマになるなら「C言語」!

C言語は何ができるの?

「とにかくいろいろなことができるのがC言語」ということは、プログラマならよく理解できるかもしれませんが、もう少し具体的にそのことを掘り下げてみましょう。極論を言えば「C言語を使えばなんでもできる」ということにはなりますが、プログラミング言語には他にも様々な種類があるので、各分野でメインに使うのに適した言語選択も重要です。それはC言語についても同じことなので、C言語に適した開発の仕事があります。では、実際C言語を使っているのはどんな仕事なのでしょうか。

C言語は何ができるの?
  • 作れるものは何?

    作れるものは何?

    C言語を学んでプログラマとして仕事をしたいと思うなら、C言語を学ぶより先に作りたいものをイメージしてみると勉強しやすくなるかもしれません。C言語で作れるものの幅はかなり広いですが、実際によく使われている分野がいくつかあります。それらの具体例を見れば、C言語で作りたいものがもっとはっきりしてくるかもしれません。そうすると、明確な目的に向かってC言語の勉強をさらに前へ進めることができるようになるでしょう。

  • 仕事はどんな感じ?

    仕事はどんな感じ?

    プログラミングで作れるものなら何でもできるC言語は、プログラマとしての仕事をしたい人にとって選択肢を広げてくれる万能言語なので、開発系の仕事であれば持っていれば間違いないスキルですが、C言語の使用頻度が特に高い仕事もいくつかあります。どの仕事をするにしても、C言語のスキルだけがあればいいということではなく、それぞれの専門分野に関する知識も必要になるので、自分がどの分野で働きたいかを考えておくことは大切です。

ページ先頭へ